バスリフォーム

お風呂場のリフォームは、約15年が目安です。
特に在来工法の浴室は、表面上はキレイでも、内側の防水加工が切れて土台が腐食していることもあるため注意が必要。
傷んだ箇所の修繕はもちろん、機能面やデザイン面をしっかり強化することで、毎日の入浴がもっと快適に。

安心して入浴を楽しむためにも、「寒い・暗い・滑りやすい」といった不安要素があるならば、取り除くことをオススメします。

 

バスリフォームのポイント

身体の負担を減らす
暖房の効いた室内から寒いバスルームに移動すると、私たちの身体では急激な血圧の変化が起こります。
この現象を“ヒートショック”と言い、脳出血や心筋梗塞にもつながるので大変危険です。
脱衣所やバスルームに浴室暖房を取り付け、暖かくすることで入浴時の身体への負担を減らします。

転倒事故の防止
お風呂場で最も多い事故が、滑って転倒するケース。
手すりを設置したり、滑りにくい床材を選ぶことで、事故防止に繋がります。
立ち座りが多い場所ですので、年をとっても安心して使えるように、バリアフリー設計にしておくのもオススメです。

お手入れラクラクでキレイが続く
サッと流すだけで水垢がキレイになる浴槽や、溜まった髪の毛を一度で取り除ける排水口など…最新のバスルームは、お手入れ簡単でいつでもキレイが続きます。
パーツごとに「拭く」「流す」だけでキレイになる機能付きのタイプが増えています。

一覧ページに戻る